子供偏食の改善方法

本文は子供偏食の改善方法について紹介します。

調理法、味付け
よく子供が苦手なピーマンやニンジンを細かくきざんでハンバーグに混ぜるという方法がありますが、偏食で足りない栄養を補うにはハンバーグ作戦が良いと思います。ただそれだけでは食材そのものの偏食は治らないので、分からないように混ぜながら徐々にサイズを大きくして慣れさせます。
嫌と断れない相手との食事
会社の上司など、わがままが通らない相手にたくさん食事に連れて行ってもらい鍛えてもらう方法。これは本人の頑張り次第でずいぶん改善が見込めるそうです。家族以外の力が必要ですが。

一緒に料理をする
料理をしない人には一緒にご飯を作ってみる方法も良いと思います。自分が努力しながら作ることによって、食べ物に感謝の気持ちがわいて食べてみようと思えるそうです。

野菜を自分で作ってみる
こちらも自分で料理をすることと同様、自分が一生懸命作った野菜は食べてみたい!と思うものです。畑で一から作ることを手伝うのが一番いいですが、庭やベランダでできる野菜もあります。畑の収穫の時に手伝うだけでも感動しますよ!

一言に偏食と言っても理由は様々・・家庭環境など自分の力でどうしようもない理由もあります。しかしいつまでも偏食では体にも悪いですし、まわりも困ります。徐々に食べられない物を減らしていって、周りの人と協調しながら食事を楽しめるようになって欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です