3つの偏食観念はあなたを3分歩くことで新陳代謝を高めることができて、3つの観念はあなたの新陳代謝を高めることができて

歩いて言うことができるのは最も簡単にも最適の健康維持に運動して、薬が出ない薬剤師・栄養学博士宇多川久美子は薬物依存の27の健康提案》という本の中には、「歩く容易日常生活で実踐、しかも全身に/さんの筋肉が足に集中してで、歩いて、一回で多くの筋肉を鍛え、運動量を増やすの非常に効率的な方法.歩き方は健康だが、歩いて時間が長くなると、もっと良い効果があるとは限らない、正しくない方式で歩いて、運動効果が悪く、膝と腰の関節を傷つけている可能性がある.だから時間とステップ数の多寡、本当に大切なことは勉強方法を勉強するので、自分の筋肉と動作を感じ始めなければならない.

歩く時、すねの筋肉を感じて

血液を全身心臓に転送が、重力の影響で、血液が下半身で積み上げやすいとき、すねを返しになる血液心臓のポンプ、血液循環の過程の中でとても重要な役を演じて、だからすねとまで称され「第二の心の臓.

私たちは歩く時、使うのはもちろん下半身筋肉で、このときはすねの筋肉を特別に感じて.よく歩きますと,すねの筋肉、すねの「ポンプ機能がスムーズになり、血液循環がスムーズになり、新陳代謝もアップします.

には麦運動をする足関節と足首を柔らかくし、鍛で正しい歩行姿勢の筋肉を鍛えるという

1つの両足は間隔1つのこぶしを開けて1つのこぶしを開けて立って、爪先して前に立って前へ.2つの両手は両方の自然に垂れ下がっ、両足のかかとに担ぎ、30回置く.3両脚輪番輪番爪先爪先爪先爪先爪先爪先.左右30度.お尻に気をつけてください.

4は両足の前後を直線に移動する.5前面の足はかかとでかかと、後ろの足はつま先で、体は揺れず30秒も維持する.

手を変える方法を変える

買った歩数計、ジャージをして、今日から毎日1万歩を歩いて、しかし歩き方が間違ってだけでなく、健康にも変わってない,膝と腰に負担が、逆に体のことを歩く.

私たちが知っているすべて正しく動作を維持して腹筋や地回り挺進を大切にして、さもなくばとてもかもしれなくて、体も練習筋肉傷ついて、しかしみんなは毎日歩いて,偏食、知らないで歩いても正しい動作.

私たちは先に検査して、自分の歩行方法を改正することを検査しなければなりません.

手を振る→手を引く

歩く時、それぞれの人は自然に左足に出て、同時に右手は前に振り、左手と右足で進んで、しかし、宇佐見久美

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です