Monthly Archives: 5月 2017

漢方医経絡養生時間対照偏食表

中国の医学では、12時ちょうど漢方医の12経絡に対応しています.経絡の経絡は1つの時中で運行する最も活発にする.私たちは、それぞれの刻経絡の運行規則について1つずつまとめ、皆に助けて欲しいと希望します.

pは12時に漢方医と養生する

胆復時(23:00-1:00)

この肝っ玉が最もよく摂生学は肝のあまり気は胆、下痢、集まって精胆を正の官、五臓六腑は度胸と意気は心づよい,邪ない侵略胆气虚は野暮な、息が続かないで、谋虑でない決断だから胆の重要性.患者の肝っ玉を切除する人がいて、無責任な表現だ.胆汁が新陳代謝、人は時前に寝る、肝っ玉の方が完成代謝.肝っ玉が清、脳が清,偏食、凡そ時前に寝る者で、朝目が覚めた後頭がはっきりして、精神と面.逆に、時前に寝ない者、精神と面潔白特に胆汁欠乏新陳代謝の怒りが濃くなって結晶を形成し,結石に海水を濃くする塩に一部の人はまたで怯み肝っ玉そのときにベッドに寝て、骨髄.

pは12時に漢方医と養生時間を合わせて

します

肝経醜の刻(いち:00-3:00)

この肝経が最もよく、肝臓の血が、人の思考と行動による肝血撑持、スクラップの血液の削減、斬新な血液を生んで、この類の代謝は肝経の一番の人気醜の刻完成.摂生学は人臥は血に肝.もし醜の刻未寝たら、肝はまだエネルギー出力、新陳代謝と完成しない.醜の刻前から未眠る者、顔色は黒い石灰、焦ってしまう情志倦怠、易生肝臓の病気.肝経の一番の人気は肝臓の修復のベストタイム醜の刻.

肺经寅(さん:00-5:00)

この時肺经

が最もよく、肺朝百脈、肝、醜の刻古きを去って新しきに就く、斬新な血液に提供して肺を経由して肺搬送全身.そのため、人は朝顔色よく赤く、元気に元気です.寅、肺疾患の人が強い反映.肺经呼吸機能ベストの時、そして脈が弱い.

大腸卯の刻(ご:00-7:00)

この大腸が最もよく、肺の大腸と表裏、肺を十分に新穎血液が全身を促進し、直後に大腸興奮状況、完瞭の食品中の水分と栄養の吸収、ゴミ排出.このとき起き、大腸がうごめい、併に適して.

長くなって現れて黄色の偏食葉を食べることができない

多くの人はすべての料理の中で、塩漬けの野菜の中でやっと亜硝酸塩、食品専門家は指摘して、夏の新鮮な緑の葉野菜は時間が長くなって,病原性の亜硝酸塩が発生することができます.今は旬の季節になっても、忙しい人がたくさん買って、大量の緑の靑葉野菜が冷蔵庫に貯蔵されているのが好きです.専門家は,偏食、緑の葉野菜は酸化しやすく、鮮度の冷蔵庫に入れても時間が長くなり、もともと新鮮な葉が黄ばむ、しなびるも腐乱になってから、亜硝酸塩が発生しやすくなりました.この野菜は食べられないで、冷蔵庫にあるその他の食品も汚染することができます.そして人を含む食べ物を食べた後轻者亜硝酸塩、めまいがして、頭痛、倦怠感、胸部圧迫感、吐き気、嘔吐、唇、耳介、ネイルや肌が重症チアノーゼ;目結膜、顔面と皮膚がチアノーゼ、そして患者動悸が速く、イライラして不安も現れて、呼吸困難、昏睡、痙攣、垂れ流し,呼吸不全などの症状.

秋の偏食乾燥問題6種の食物抵抗乾燥を解決

p秋の主要な気候特徴は乾燥、空気中に水分が不足し、人体は水分が不足している.秋の乾燥の季節、食べないで食べないスパイシーな焼き食品、唐辛子、サンショウ、桂皮、生姜、ネギ、酒等、特に生姜.これらの食品は暑い性、また料理に多く水分を失い、食後はのぼせやすい.

p> <いち、梨:純粋な心解秋燥

逆上をとる

を皆知っているだけでなく、乾燥している消梨潤風、鎮咳止めあえいで、純粋な心の逆上をとるの役割は、まだもっと良い緩和秋燥、酔いを醒ます解毒.梨性は涼しく、老年人は1度だけ食べ過ぎてはならない.弱い人は、氷砂糖の水、氷砂糖、氷砂糖水、食用方法としてもよい.

p2、大きいナツメ:心の神の抗アレルギー

を多くの人が知っていて大きいナツメが補血する効果を知る人は少ないが、大きいナツメは寧安心神、益智の健やかな脳、食欲を強め、除臭さを取り除くの味、抗アレルギー、免疫力を高める作用も防止、高血圧、骨粗鬆や貧血、高齢者の秋の補養上物.

さん、菊を潤して風邪予防:乾燥し

p>菊は<て風平肝を除いて、清心を潤して煩わして、乾燥、唾液の分泌を促進して明目の毒、酒、風邪や頭痛には一定の補助治療の作用.高齢者に適切に飲用秋菊花茶、肺を潤すことをもっと火のメンテナンス目的に達する.

さつまいも4、さつまいも:癌予防にデトックス

を予防するさつまいもはテーブルの上にある最優秀食品と評価されて、それは癌を予防して、便秘防止の効果を予防することで、ダイエットにも良い効果があり、よく食べるサツマイモは寿命を延ばすことができる.

p> <ご、くるみ:温肺は脳定喘

を皆さんに知ってクルミの栄養豊富で、脳の最優秀食品も、腎臓を補って固精、温肺定喘の食療の品、腎臓のびくびくする、頻尿、咳などの症良い治療効果.老人にはよくクルミを食べることができて、頭脳明晰、飛耳長目.

甘栗6、甘栗:脾健ちゃんを育てて元気

栗がいろいろな果物(実)の王の美称があって、できるだけでなく、脾臓の胃が腎臓を補って強い筋、血行をよくすること止血作用もある.晩秋の季節で、毎日数個の栗を食べて、元気に補い、強壮腎精.