養生12は秋冬の偏食衣替えが病気にならない

多くの人は明らかに

を感じて、天気はますます寒くなって、もう晩秋から初冬にかけての衣替え期.秋冬の病気、早起きは何か大切なことが大切です.老中医学は、秋冬養生は、12件の事をします.病気のMMはぜひ見てね!

1、空腹で水を飲んで、本当に本当に貯蔵する

平日には、必ず喉が渇いたり、食事後に水を思い出して、のどが渇いていることを解決しがちな問題、体の水能力を向上させているのは完全に役に立たない.正しい方法は、朝起きた後、昼食と夕食前の前に空腹の時間帯に大口の水を飲んで、このように水が直接に消化係統を全身に流通し、体の各器官で吸収され、循環水量保証正常で、たとえ更に乾燥環境、私たちの体内に水潤の状態を維持することができる.

2、90分は排水

ではあなたはたいへん忙しい人、1つのオフィスに入って、トイレに行く時間がなかった.しかし、このままでは、膀胱と腎臓機能はダメージを受けやすい、水分に対する水分の吸収と正常排出の能力にも影響を与える.そのために、定時にトイレの良い習慣を身につけて、毎に1つの1つの時間正常排尿一度、このように体はもっと体に水分を補充して、水分は自然に不足しない.

p3、駅式足足湯、経絡がもっと良くする

を一つ買って湯桶、放して摂りサフランの浴足粉末、全身の血行をし、水分は体内での利用効率を高める.足湯過程で、自然立つ、体は直立して、両手の上に挙げ、ダブルは手を合わせて.このように ,全身の経絡方は疏通を得て,補充の水分は合理的に利用することができて、過度に流失することはできません.

4、頸椎マッサージ、髪の毛を栄養分させる

もし頸椎供血不足に加え、体循環遅く、無理が栄養が吸収されて髪.そのため、身体栄養の輸送能力を高めたいと、通路が一番重要です.あなたがこのようにすることができる:両手親指ポンプ肩,偏食、他の4、頚椎に交差し、この過程で頭部を押しながら、軽く振り、自らの運動と外力マッサージの共同作用に達し、快適な筋の役割がすばしこくて、栄養を経ないことから、任意の反対を受けて、顺調に毛根され吸収.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です