薬酒外用どれらの偏食事項に注意を払う必要が

薬酒外用ろく注意事項:

マッサージの手法は先に軽くなってから、終わって終わる時更に軽減する.

に.外用薬酒の多くは血行をよくすること化瘀、血の鎮痛薬の内服類ので、避けないよう、中毒を起こす反応.

さん.でマッサージを薬酒を組織に、注意して直接押し骨凸部を起こさないように、骨の軟組織損傷と骨膜組織で病状を強め.

は2日間で局所出血、腫れ、腫れ、患部に強くマッサージ、症状が重くなり、そのために使用することはありません.

は、骨腫瘍、骨結核、ソフト組織化膿性感染など、痛みより重い箇所を表面に塗布し、圧力により強いてはならない.

ろく.薬酒マッサージ方法には新鮮な骨折、関節脱臼、表皮の破損、心臓、肝臓、肺、腎臓が深刻な疾患の患者は禁止でこの療法.

(責任編集:徐晓宇)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です