経絡は養生法で体の偏食異なった部位の効果をパッティングます

P経絡養生の方法は多く、養生法によって便利な方法は便利で、簡単に効果が良いので、多くの人が選んだ経絡養生の方法を受けて.経絡養生法、身体によって違う部位の効果はそれぞれ異なって、早く来て見てみよう.

p経絡養生法

経絡p1、頭を叩く

を方法:足分立、肩幅.両手でそっと手の平に頭部、頭のてっぺんから中央から、手を前撮ってから前髪を別の手を後ろに撮ってから大椎穴(頚後怒り肩第一大きい椎骨).そして、また、頭のてっぺんから中央から頭の両側に撮ってからこめかみきゅう、く度繰り返し,偏食、最後は左手で手のひらを"百会の穴"81度.

効果:頭がたたくさせて、ゆるやかな頭痛、めまいなどの脳は膨れて、同時にまた遅延することができます、中高年の頭脳が衰退し、記憶力を強め、昼か夜寝る前に頭をたたく、健やかな脳は、予防と治療の高血圧、脳卒中や不眠などの病症を堅持して、お年寄りを頭部はしかし予防と治療の動脈硬化、老年痴呆症など.

p2、頚部

を叩く

を立ったり座っ方法:は椅子の上に、両眼とも目の高さが同じ、リラックスして.そして彼の腕を手のひらで同時に左手首を、左、右右手を、まず首筋から始め、徐々に向上をたたく、ずっと前髪部、また額部から後ろを叩くから首まで.この繰り返し9回繰り返して.

効果:防除頸椎,寝違えるなど,頭部をタイムリーに、すぐ感じは楽で、症状を軽くすることができますかます消えてなくなって.

P3、肩パッティング

は、左手で右肩上がり、右手で左の肩、それぞれ100回パッティングする.肩痛、肩すっぱい、五十肩、肺などなど.双上肢を左手でたたく右腕右手でたたく左上肢.たたく時に週到で、上肢の週りには撮影も、だいたい侧をひゃく~200回、

効果:予防や筋肉を緩和上肢発育、上肢しびれ、先端紫チアノーゼや半身不随など.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です