私は偏食「醜い」

私はまだお老子を覚えています"道徳経"第二章では、天下については、美しく美しく、悪はすでに.言い換えれば、早く春秋戦国混乱の際、李老さんが戒めを美と醜何か?

美と醜いは相対的な概念であり、独立ではあり.醜い存在だから、美の体現があるのだ.今社会、経済発展、科学技術の進歩、しかし私はどうして人の世界観,偏食、人生観、価値観が転覆する.いったい何の善悪、美醜美醜、多くの人は判断しにくいと思う.

p>が乏しい<根拠と原則、私たちは混淆しました概念で,
レビトラとED改善,醜を美しいとして、审丑価値が代わった美意識.前の年の2人の姉、兄とあの、彼らはこの時代に美を体現していて,しかし公衆のメディアはあおる、追跡報道されて、世論の焦点になって、何があったか?昔の古語は家の家の家には「家の恥はしない.あれらの人民痛みあなたが言わないと、庶民があなたを求めて言わない、大衆冤枉あなたは申、あなたのこの意欲が何か.

私はこの速いリズム、高効率の世界で、私はやはり1時最初の点の見分けが良いことを保留して良いと感じて、結局私達はやはり人です.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です