好き嫌いの子供の偏食!役たつ豆知識

子供の食事に思い悩むことはありませんか?ママさんは一生懸命使っても、食べず嫌いだったり、何か気に食わなかったりと、食べ物の好き嫌いに悩んではいませんか?

最近、「食育」という言葉をよく聞きませんか?食育とは、2005年に成立した食育基本法で定められた、人間が生きるための基本知識で、知識教育、道徳教育、体育教育の基礎となるべきもの、とされています。

食べることの興味や楽しさを子供に伝えてくれたら、いろんな味を親しんで行くことで、食を身につけて行くことになります。親子ともに、ストレスなく豊かな食を経験していきましょう。

楽しく食べる!
まず、「食べることは楽しい!」と子供が感じることが大切です。レビトラ大人の中でも、食べることに関して興味がなく、ただ空腹を補うもののように、食事が楽しそうじゃない人っていますよね。

親が美味しそうに楽しそうに食事をしていると、子供も自然に食べる気になったりします。好き嫌いに悩むママは、子供がその食事を残さず食べてくれたかどうかすごく気になります!

子供に食べやすく調理する
子供が嫌いな食べ物は、食べにくいということが多いです。ですので、食べやすくすることが調理のポイントになってきます。食べやすい大きさ、柔らかさにしてあげましょう!

また、子供にとって苦手な味というのもあります。苦手な味も繰り返し食べて、その味を経験することで、だんだんと美味しいと感じるようになってきます。子供のとき嫌いだったのに、大人になったら好きになって食材ってあると思うのですが、それはその経験の差なのかもしれません。

料理を一緒に作ってみる
子供の好奇心旺盛で、ママのやっていることを真似したがりますよね!そのワクワクの好奇心をぜひ食事にも取り入れてみましょう。子供と一緒に時間がかかって、手間が増えて、その料理を作りましょう!

一緒に料理をすると、調理前の野菜の形などもわかりますし、「これ、さっき洗ってくれたお野菜だよ~」というと親しみを覚えて食べてくれたりします。