女の偏食経絡の養生保健体操をおりて楽体

p天使の顔、悪魔の体はたくさんの女性の夢ですが、フィットネスにかかるのは高すぎます、下には経絡マッサージがおすすめです.マッサージは科学、正しいマッサージ方式でこそ養生の効果を達成することができる.上の小さい編の紹介の経絡摂生は簡単で容易に学びやすい、老年人の激しい運動の悩みを避ける.小さいな編はみんなに注意して、特に年の大きい時の人は動作する前に、今までウォーミングアップして、関節長時間運動が運動してから関節の損傷につながることができます.

に経絡養生保健体操

経絡P1、睁開

足に分かれ、肩の広さと同じ、未改かすかに曲げ、両手を自然に落下,胯部をリラックスして、目を閉じて、下の毎回のが基本で要領.

に、両側を脇や脇部

P第一歩

p>を<左側腋の下、左腕に上げて、右手で掌を左側腋の下、一般たたく36ぐらい、そしてホメオパシーを脇部左側、上から下に、繰り返していくを脇部左側を打つ脇部では、脇を胯部から侧からの侧から胯部を脇、一般回2~3回を降りる.

P第二歩

を脇で左手で右側と右側の脇部、方法と第一歩、心臓、肺、乳がん患者は特に多く撮ってここは、両脇の間に、胸腺ツボを果たすことができて、マッサージの作用をなだめる心臓.

さん、たたく大椎

手のひらの空を、そっとたたく大椎、両手で順番をたたく時、頭がかすかに前のめりに利益があって,偏食、それを恐れ、一般をさんじゅう下左右すぐ.

4、頚部を叩く

第一歩、手のひらで(右手左手首を後ろ側あるいは)から、風府穴起拍から首の後でたたく時、頭と首を少し前にご回を持ち、一般;第二歩,左手で首を左側に穴起拍首から肩から風池でたたく時、頭と首を少し右に傾ける前側、容易に叩くそして右手首を右側に、方法を採用して同上、上から下に沿ってたたいて、一般をご回;第三歩、こすり摩首上げ、あご、手のひらで(右手左手首を切るからあごや)から首項で日突穴、一般36ぐらい.

をご、背中、背中の両側の膀胱、背面中央督脉(華佗夾脊髄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です