偏食と偏食の影響、対策

偏食(へんしょく)とは、必要とする栄養素に偏りがある食事の状態である。一般的には 好き嫌いとも呼ばれる。
偏食は子供の心身の成長に大きな影響を与えます。
偏食により特定の栄養が不足すると、体重減少や体力減退をはじめとしたさまざまな影響を及ぼします。食品には主にどのような働きがあるのか、6つの基礎食品群の特徴を知っておきましょう。
魚・肉・卵・大豆(タンパク質など)、牛乳・乳製品・海藻・小魚(カルシウムなど)、緑黄色野菜(ビタミンAなど)、淡色野菜・果物(ビタミンCなど)、米・パン・イモ類(糖質など)、油脂・脂肪の多い食品(脂質など)このように、どの食品群も欠かせないほど重要です。そして、わたしたちの体に必要な栄養素をすべて含んでいる食品はありません。ですから、できるだけたくさんの栄養素を摂取できるようにしましょう。
これらの6つの食品群でどれかひとつでも欠けてしまう偏食を子供の頃から続けていると、大人になってから生活習慣病になる可能性が高まります。攻撃性が強く心が不安定な子供の多くは、低血糖だともいわれています。
偏食には、このように子供の心と体の両方の成長に支障をきたすのです。しかし、6つの食品群を意識して、食べられるものを上手に取り入れながら特定の栄養素が不足しないように心がければほぼ心配ないでしょう。
子供が食べ物を好き嫌いしないようにするには、主に3つの方法があります。楽しい感情と結びつける
食べることと楽しい感情が結びつくと、その食べ物を好きになってくれますよ。食べ物に良いイメージをもってもらうには、雰囲気も大切です。
好きな食べ物と嫌いな食べ物をペアにする
好きな食べ物と一緒に出すと、嫌いな物も食べてくれやすくなります。嫌いな食べ物への抵抗感を少しずつ減らしていくことが大切です。
味覚が変わるまで他の食べ物でサポートする
無理に食べさせず、成長して味覚が変わるのを待つのも一つの方法です。